Column

たてヨコラム

たてヨコメンバーによるフリーテーマのコラム

エッセイビジネスライフスタイル

ポライトネス・ストラテジーを「方言」で解決する。

家族、友達、近所、職場、異文化―…。さまざまなコミュニティのなかで良好な関係を築くためには、相手に応じたコミュニケーション技術が必要になります。

withコロナ時代。どの場面でもマスクやフェイスガードが必要になりました。相手の表情が確認できにくくなった現在の世の中では、より「ポライトネス・ストラテジー」が欠かせないことでしょう。

ポライトネス・ストラテジーとは?

ポライトネス・ストラテジーとは、「調和の取れた人間関係を築き、維持するために行う言語的配慮」のことです。

私は医療従事者ですので、専門的な内容をいかに患者や患者家族に伝えられるか、いかに医療行為をポジティブに受け入れてもらえるか、などを意識した会話や言語選択を意識しています。

ん?難しい話?と思いきや…。突然個人的な話。

突然プライベートなお話になりますが、私は愛媛生まれ、の、愛媛育ちです。

学生時代もずっと愛媛。社会人になってもずっと愛媛

今春卒業した大学(兵庫)も完全通信制でNOスクーリング

加えて4月に入学予定の大学院(京都)も完全通信制なのでNOスクーリング

居心地が良すぎて、どうにかこうにかして愛媛に残っているディープな愛媛県人なのです。

 

 

・・・と言いたいところなのですが、

ディープと言い切れない部分がひとつだけ。

 

 

私の血には半分「島根県出雲市」の血が入っています。

 

方言上級者、なに話しているか分からない問題

島根県出雲市で話されている「出雲弁」は、こちらの「伊予弁」と比較しても個性が強い方言のひとつだと思います。

普段は気にならないのですが、島根出身の母は気を抜くと思いっきり「出雲弁」で話してきます。イントネーションも独特ですが、出雲特有の言語がさらに独特。母ならまだしも、島根側の親戚、それも高齢者相手だとそれはそれはレベチ(レベル違い)。話すとき少々戸惑うことがあります。

知らない人はまずこのYouTubeをごらんください。

ね?何しゃべっているかわからないでしょう?

「さしすせそ」がすべて「すすすすす」に聞こえます。

寒い地方がゆえのしゃべり方なのでしょうが、なんともまぁズーズー弁なこと。

でも、なんだか「愛しさ」が感じられませんか?

近年は人や情報の流通が簡便になった世の中になったこともあり、若者の言語から「方言」が少し薄れてきています。本格的な方言を使っているのは高齢者に留まっている、みたいな地方もあることでしょう。島根には「出雲弁保存会」というものが存在するほど、愛されている方言になります。

…おっと、出雲弁で話が終わりそうですね。

このような文化が身近にあった影響で、私は人一倍「方言」に対する思い入れが強い子に育ちました。

1 2
ABOUT ME
岡田 未奈
愛媛県松山市出身の平成生まれ。 「いのちのエンジニア」である臨床工学技士として県内の医療施設に従事。人工透析を主業務として、呼吸治療、心血管カテーテル治療、不整脈治療、医療機器管理などを兼務。 一方で、『医療にDESIGNを。』をコンセプトとしたパラレルワーキングをしており、ライター、グラフィックレコーダー、プレゼンテーションデザイナーなどマルチクリエイターとして多彩な顔を持つ。