Column

たてヨコラム

たてヨコメンバーによるフリーテーマのコラム

愛媛を変革する「たてヨコ 1号ファンド」組成のお知らせ

たてヨコ愛媛は、新たに約50億円の同社1号ファンドとなる「愛媛を変革する たてヨコ1号ファンド」を組成し、投資活動を開始した。

(一応、言っておきますが。みなさん今日はなんの日か分かってますよね。4/1ですよ!)

たてヨコ1号ファンドの概要

■名称:たてヨコ1号ファンド
■投資対象:愛媛を変革する たてヨコProject
■ファンド総額:約50億円(最大100億円まで増額可能性あり)
■運用期間:2021年4月1日より10年間(最大3年の延長可能性あり)
■投資ステージ:シードステージを中心
■投資領域:愛媛変革領域を中心に、社会課題の解決に取り組むたてヨコProjectを幅広く支援
■ポートフォリオ:投資額の80%を愛媛を少しでも変革するシード投資に充当

たてヨコ1号ファンドへの主な出資者

某○浦工業、○ボウズ、ユナイテッド○ク、アイムー○ク、エス○シー、○キアクシス、○ヤマンスペース、せと○プレミアム、○友重機テクノロジー

某○浦工業 執行役員 Tatsuro Tate Nagafuchi氏コメント

たてヨコ1号ファンドへ参画でき大変うれしく感じます。いま、愛媛は変革が必要なときです。たてヨコ愛媛Projectは先端的なノウハウと広範なネットワークを駆使し、愛媛を変革します。そのお手伝いができればと思い、今回投資させていただきました。
※本人に無許可で稲見が代筆しております。写真についても無許可のため、公開後に本人の要請により差し替わる可能性があります。

たてヨコ運営事務局 稲見氏へのインタビュー


(大事なことなので、もう一度言っておきますね。今日は4月1日!

Reina

ファンドの仕組みについて教えてください。

稲見氏

出資者からお預かりしているお金を愛媛を変革するたてヨコProjectに投資をします。

Reina

なぜ?ファンドを組成されたんですか?

稲見氏

たてヨコ愛媛Projectはとても良いアイデアがあります。ただ、実行するための資金がないという壁にあたることが多かった。このファンドで、その課題を解決しようとしました。

Reina

出資者へのリターンはなんですか?

稲見氏

リターンは愛媛が良くなることです。お金のリターンはありません。愛媛の課題を解決するためにみんながお金を出し合い、行動し、実行します。

Reina

よくわかりました。
みんなが主体的に地域をよくしていく。すばらしいですね。本日はありがとうございました。

稲見氏

ありがとうございました。みんで自分の地域を良くするために汗をかく、そんな世界を目指してます。

※こちらReinaさんの写真も無許可です。コメントは稲見が代筆しております。差し替わる可能性があります。

最後にもう一度

最後にもう一度いいますね。今日は4月1日

新しい年度のはじまり、今年度も新しいチャレンジを!
たてヨコはみなさん共に。

ABOUT ME
稲見 益輔
1983年生まれ。 ”よい会社を強くする”をミッションに、起業支援、会計・マーケティングを中心とした経営サポート、コワーキングスペース運営を業務としている。 十数年大阪で過ごしたのち、2015年に愛媛移住。起業イベントや地域を活性化する取り組みを複数行っている。