Member

たてヨコ愛媛 メンバー紹介

たてヨコメンバーのご紹介

近藤 久仁子
  • Facebook
たてメンバー(ディープな参加)

近藤 久仁子Kuniko KONDO

瑞穂産業株式会社 監督アシスタント
ばーりースクール

出身地
愛媛県今治市
愛媛人度
4
役立つスキル
  • 事務
  • 教育
  • 語学
  • スポーツ
  • 自然
尊敬する人
父母
座右の銘
我、太平洋の橋とならん 新渡戸稲造
好きなもの
犬、子ども、チョコレート、ナッツ、ご飯
人生最高の瞬間
イタリア旅行、夜のモンサンミッシェル、オルセー美術館、ビクトリアで教会の鐘を聞いた時
子ども地球会議
なぜたてヨコに?
『タテヨコ愛媛』のメンバーである、石川水緒さんに『Tate-Yoko Ehime international』のイベントに誘われたのがきっかけ。

自己紹介

私が世界の環境問題と戦争、貧困に興味を持ったのは小学校高学年の時。中学生・高校生になるにつれて、なぜ学校ではニュースでやっていることを勉強してないのだろう、もうすぐ一人で住むのに社会で必要なこと学べているのか、と思うように。
子ども達と世界の問題について考えたいと、大学は教育学部に進学。在学中に小中高の教員免許を取得。しかし、小中学校の実習で学校では教えたいことが教えられないと実感。学校外教育を模索。2009年カナダにワーキングホリデーへ。2012年東北へ震災のボランティアへ行ったあと必要性を感じ『忘れない東北被災地プロジェクト』を立ち上げ。その活動の中で地域の会社経営者やNPOの代表とつながる。愛媛県人8000人・500円の力でカンボジアに学校を建てようプロジェクトに参加。一人一人へ声をかけ3か月で108名の500円を集める。仕事で得た知識を生かし、今治市の主要産業である海運業と世界についてイベントで子ども達に教える。そんな折、国連が打ち出した持続可能な社会へ向けた17の目標SDGsに出会う。自ら問題を見つけ解決に向けて実践できる子どもを育てる、ばーりースクール立ち上げを決意。子どもたちと地域、世界をつなげより良い子どもたちの未来を作っていくことを目指す。科学的なアプローチから悩んでいる人や子どもたちの自己実現のお手伝いができるように脳傾向性診断テストによるブレインアナリストの資格を取得。
趣味は、スポーツ、絵画鑑賞、ピアノ、博物館見学、企画すること。
今治在住のフィリピンの友達とのバスケットボールは7年前から。今治での震災の支援のお手伝いをしてくれた、一人のフィリピンの友達と私のバスケの仲間との交流から始まった。今ではすっかりみんな友達。物語は心を開き、信じ行動することから始まる。
ネパールの友達とネパールの支援、SDGsの取り組みについて模索中。
BASEのネットショップ『地球の小瓶』は、生活にハーブを取り入れ、楽しみながら免疫力アップと健康の自己管理のお手伝いができたらと立ち上げました。

フリーコメント

タテヨコ愛媛さんには、個々がつながり、誰かの足りないものを誰かが補い協働することで、何か大きなことができる、そんな可能性を感じる素敵な会だな、と思います。志の高い皆様に出会えうれしいです。よろしくお願い致します。